ホーム>ショップオーナーのおしゃべり

ショップオーナーのおしゃべり

ガブリエル・シャネル展(三菱一号館美術館)

2022724154753.jpg

 

6月下旬から三菱一号館美術館で開催されている「ガブリエル・シャネル展」。
暑さにも身体が慣れてきた22日、ようやく念願かなって
観に行くことができました。

コロナ禍になってから ほとんどの美術館はオンライン予約が可能になり
飛び込み派でない人にとってはとても行きやすくなりましたね。
さすがに土日や当日、夕方のハッピーアワーなどは予約が取りにくそうですが、
平日の昼間なら前もって予定を決めておけば ほぼ希望の時間帯が取れそうです。

 

2022724155258.jpg
 

シャネルと言えば 作品集だけでなく、

そのエピソードや名言集といった本などを含めると

かなりの数の翻訳本も出ているし、映画も何本かあります。

ただ今回の展覧会は純粋にシャネルの仕事に焦点を当てたもので

こういった意味では日本での開催は32年ぶりとなります。

 

三菱一号館美術館は ジョサイア・コンドルによる

明治時代のレンガ造りの建物ですが、

その中の2つのフロアを使った展示は ゆったりとしていて

じっくりとその世界を味わうことができました。

 

1920年代の初期の作品から晩年のコレクションに至るまで

見ごたえのあるコレクションでしたが、

革新的で自由なクリエーションの中から永遠のスタイルを作り出したといわれるシャネル。

派手さや奇をてらったところはなく、エレガントで控え目。

けれど デザイン、素材、縫製 すべての細部へのこだわりは

決して平凡なものではなく シャネル独特の引き算の美学によって
これらのスタイルは完成しているのを感じます。

 

2022724155437.jpg

 

リトルブラックドレス、ツイードのスーツといったアイコニックな物から

鮮やかな色を使ったイブニングドレスなど 様々な展示を堪能しましたが、

今回はジュエリーの展示が思った以上に充実していたのも

私にとっては嬉しいことでした。

シンプルな服にアクセントをつけるために考案された数々のコスチュームジュエリー。

これまで本でしか見たことのなかったジュエリーも展示されていて、

やはり実物を見ないとこの良さは伝わらないと思うものが沢山ありました。

 

2022724155631.jpg

 

さて、美術館を出た後は 隣接のカフェにて一息。

こちらは銀行部門として使われていた場所で、

当時の窓口であった部分が美しいアクセントとなっています。

 

2022724155859.jpg

 

ランチタイムは予約をしておいた方がいいですが、

平日ならば 少し待てば 入れるようです。

美術鑑賞の日ぐらいは こういった時間にも余裕をもって楽しみたいものです。

連休明けの軽井沢にペットと旅行へ

ゴールデンウィークが明けた月曜日、
ペットを連れて軽井沢に3泊4日の小旅行へ。
コロナ禍の影響もあり、本当に久しぶりの軽井沢でした。

 

天気予報では最初4日間とも雨マークがついていたのが、
水曜日あたりに晴れマークが現れ始め、
何と 現地に着いてからは 晴れ続きの好天となりました。
私は昔から雨女だったので、
この晴れ天気は愛犬君がもたらしてくれた幸運かなと思います。



毎朝 ホテルの裏側から別荘地に続く小道を散策したり、
雲場池を訪れたり、ゆったりしたスケジュールで高原の晩春を楽しみました。

202251617485.jpg


軽井沢はペットにも優しい街で、カフェでもOKのところが多いのですが、
その中の一つが万平ホテル。

2022516175324.jpg

遅めのランチを楽しみました。
名物のフレンチトーストは あと一歩の所で売り切れとなってしまい断念。

2022516175238.jpg


翌日の午後は アウトレットへ。
特にショッピングを目指していたわけではないのですが、やはりここに来ると何となく気分がアップします。
いろいろと食べ物のお土産を買いました。

2022516175621.jpg

芝生でしばしのティータイム。

2022516175548.JPG


3泊のうち2泊はホテルでディナーを楽しみましたが、
最終日はお留守番続きで鼻の頭の皮が擦り剝けてしまった愛犬君もつれて
雲場池近くのピレネーに行きました。

 

2022516175710.jpg



202251618640.jpg

 

暖炉で丸ごと焼くお肉がおいしいお店です。
かなりの量でしたが、結局 完食(笑)

20225161883.jpg

最終日の朝は 近くのベーカリーでモーニング。

2022516181057.jpg
何だか食べ物ばかりのブログとなってしまいましたが、
美味しい空気を吸って 美味しい物をたくさん食べて、
とても贅沢な4日間となりました。

202251618110.jpg


帰ってからも楽しみたいと思って、
お味噌やチーズ、野沢菜などたくさん買い込んで帰路につきました。

2022516181238.jpg

 

 

2022516181440.jpg

 

2022516181537.jpg
 

そういえば以前 旧軽銀座ストリートの郵便局前のスペースで開かれる
アンティークフェアにも参加したことがありました。
今では懐かしい思い出ですが、
やはりここは何度でも来たくなる場所。
季節が変わる頃にまた訪れたいです。(←あくまで希望です)

 

散歩中に見つけた不思議な動物?

今日は天気が不安定ということで
予定されていた大江戸骨董市が中止となってしまいました。
起きたら 雨はやんでいたので、早々に犬の散歩に行きました。

202257214025.jpg

雨露に濡れた植物が曇り空の下 美しい姿を見せていました。

20225721422.jpg

そんな時 ふと前の方を見ると 何やら不思議なグリーンの鳥が!

202257214621.jpg

思って近づいてみたら

202257214727.jpg

ーんだ 折れた葉っぱでした。

帰りがけ、駅前のフラワーショップで見かけた紫色のカーネーション。
母の好きな色です。
実物は見せられないけれど、空の上から見てくれるかな?

202257215325.jpg

明日はゴールデンウィークの最終日ですね。
皆さま どうぞ良き一日をお過ごしください。

スズランのモチーフを集めました

202242822951.jpg

フランスで生まれた5月1日のスズランの日(Jour de Muguet)は
家族や友だちにスズランを贈って、幸運を願う日として世界にも広まっています。

スズランの花言葉は「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」
英語では Lilly of the Valley  フランス語ではMuguetと呼ばれています。

文字通り鈴のような可憐な花を咲かせるスズランは欧米でも大変人気がある花で、
ジュエリーのモチーフとしても好まれてきました。

今年YK Collectionが お届けするスズランモチーフのジュエリーは3種類。
それぞれにイメージ画大きく違う3点となりました。

まずは Boucher(ブシェー フランス)のブローチ。
 

2022428221555.jpg


カルティエのデザイナーを務めていたブシェーの手によるブローチは、
デザイン、作りともにハイジュエリーに負けないクオリティーを誇っています。
裏にはブシェーのサインとともに 英語名Lily of the Valleyが刻まれています。

詳しくはこちらをご覧ください
 
次にご紹介するのはブシェーとは対照的なジョセフ・オブ・ハリウッドのセットジュエリー。
 
202242822210.jpg
大胆に曲がる茎とその先に揺れる小さな花とすくっと伸びた葉のデザイン。
ジョセフならではの マットなメタルのみで描かれるスズランのブローチとイヤリング。
Book pieceと呼ばれる本にも載っている人気のデザインです。

2022428222155.jpg

詳しくはこちらをご覧ください。

さて最後は Unsignedのヴィンテージピアス。
とても可憐なデザインです。
2022428222429.jpg

茎のカーブを内側に向けるか外側に向けるかで
かなり印象が変わります。

2022428222545.jpg
 
2022428222631.jpg

いろいろと変化を楽しんでみてください。
こちらのピアスの詳細はこちらをご覧ください。

皆さま いかがでしたか?

ちなみに私としては ジョセフの個性的なスズランがイチオシですが、
ブシェーのブローチは 母の日のプレゼントにもお勧め。
またスズランのピアスは プレゼントなどにも喜ばれるのではないでしょうか。

それでは 皆さま 楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。
 
K・ユミコ

アンティークジュエリーとハスケルジュエリーの素敵なコラボ

先日の烏丸petit蚤の市にご来場くださった兵庫県のU様。
以前 アンティークジュエリーの専門店にいた頃、
宝塚ホテルのアンティークフェアに出たことがありましたが、
その時にお買い上げいただいたヴィクトリアンの
ゴールドスネイクペンダントを着けてきて下さいました。


渋めのゴールドで、一見地味だけれど 細工の良さが際立つ一品。
もう20年近く経ちますが、とてもきれいな状態がキープされていて
いかに大切にしてくださっていたかが分かり嬉しくなりました。

さて、そんなU様にYK Collectionのコスチュームジュエリーは
どんなふうに映ったでしょうか。
じっくりと一通り眺めていただきましたが、
最終的にはやはりキラキラ系ではなく、ミリアムハスケルのシックなブレスレットにご注目。
さすがです。

お願いして写真を撮らせていただきました。
ハスケルのメタルはアンティークゴールドと称されるだけあって、
こうして一緒に着けても違和感がありません。
ヴィクトリアンの細工が施されたゴールドととてもマッチしています。

2022422222746.jpg

これまであまりこういうコーディネートはお勧めしていませんでしたが、
(というのも なかなかご紹介できない商品なので)
こんな組み合わせも素敵だなと思いご紹介させていただきました。

下の写真は 帰宅されてから送って下さった一枚。
最初 金具の着脱に苦労されていましたが、
コツがつかめたので もう大丈夫ですとのコメントが添えられていました。

2022422223249.jpg

きっといろいろなシーンでご愛用くださることでしょう。
ありがとうございました。

京都 初イベントのご報告

去る4月16日~20日までの5日間、
四条烏丸にある東急ハンズ京都店の軒先で開催されている「烏丸petit蚤の市」に出店しました。

202242116234.jpg

YK Collectionとしての京都出店は今回が初めてですが、
以前 アンティークジュエリー専門店に勤務していた時には年1~2回 訪れていた場所。
古都という土地柄、アンティークに対する造詣の深いお客様もたくさんいらっしゃるように思いますが、
コスチュームジュエリーはどのように受け入れられるかな?
今回はそんな期待と不安を抱きながら出かけました。

ハンズ京都店は こじんまりとしていて DIYのショップというよりは
たくさんの気になる商品が集まった魅力的なお店でした。
一見 お店を訪れるお客様のうちどれだけの方がヴィンテージコスチュームジュエリーに興味をもたれるかな?
という心配もありましたが、
それ以上に 京都の皆様にYK Collectionのジュエリーをご覧いただきたいという気持ちの方が強く
思い切って 出店することにしました。

烏丸通りに面した恵まれた立地、通りすがりのお客様も多く
入口前のスペースを有効活用して 何か楽しい企画をという店舗側のアイデアがこうした形で実現し、
昨秋スタートしたこの蚤の市も段々と認知されてきたようです。

202242116539.jpg

今回も 初日から 兵庫県に住む顧客の方がお友達と訪ねてくださるなど
私にとっても懐かしい再会とともに新たな出会いもあり、
幅広い年齢層のお客様に接客することができました。

2022421161455.jpg


ハスケルやジョセフオブハリウッドの品ぞろえの豊富さに驚かれるお客様も少なくはなく、
皆様の関心度の高さを実感しました。
また初見の方も 言葉の説明をしないでも
すーっとヴィンテージコスチュームジュエリーの魅力を感じ取ってくださる方が多く驚きました。

コロナの影響で海外からの観光客は大幅に減少したそうですが、
それでも活気があってどこかワクワクする烏丸通。
そこで過ごした5日間は 私にとってかけがえのないものとなりました。
「次はいつですか?」というお声も多く、
すっかり嬉しくなった私は、9月、10月にお邪魔することも決まりました。

プライベート旅行で京都を訪れたのは5年前?
今回は もちろん観光などする余裕はありませんでしたが、
会期中にイノダコーヒ本店でモーニングを楽しんで 京都を味わってきました。

次回は 一日余裕をもって少し観光したいな…
とすっかり京都にはまってしまった店主です。

2022421162955.jpg



 

4月のご案内(2)京都 からすまpetit蚤の市に初参加します

4月の大きなイベントの2つ目は何と京都で開催の蚤の市です。
東急ハンズ京都店の1階エントランスで定期的に開かれている
からすまpetit蚤の市。

 

京都四条通に面した東急ハンズの軒先で開催される petit蚤の市。
何やらわくわくしてくるこのイベント。
昨年は残念ながらスケジュールの都合で実現しなかったのですが、
今回 ようやく参加かできることになりました。

いつも青山古市でお世話になっている「器 たつのこ」さんと
倉敷にある素敵なお店「デイジーストア」さんとの楽しい一週間。
京都にお住いの方は ぜひのぞきにいらしてください。

2022410225542.jpg

詳細はこちらをご覧ください。

4月のご案内 Marche Vintage Vol.6

Marche Vintage(ヴィンテージマルシェ)Vol.

4月11日(月)~14日(木) 11:00~18:00

代官山T-SITEガーデンギャラリー

20224416152.jpg

今回で第6回を迎える Marche Vintage
毎日を上質に彩るアンティーク&ヴィンテージのアイテムをお楽しみいただける4日間のマルシェが4月11日から開かれます。
コスチュームジュエリーのほか、ヴィンテージポスター、食器、衣服などを扱う6店舗がそろいます。

当ショップ YK Collectionでは ミリアム・ハスケル、トリファリ、ジョセフといった人気の高いジュエラーの作品ほか、
春夏を意識した美しいカラーのジュエリーを取り揃えました。
ヴィンテージならではの魅力満載のブローチもたくさんご用意しました。

商品のご紹介はInstagramを中心に随時行っていきますが、
今回は平日となりますので、お仕事のご都合でご来場が難しい方は どうぞご遠慮なくお問合せください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

YK Collection ショップオーナー K・ユミコ

 

20224416228.jpg 20224416257.jpg 
 

 

春のご挨拶

皆さま こんにちは。
少しご無沙汰してしまいました。

先日 久しぶりに近くの小道を愛犬を連れて散歩していたら
もう河津桜や春の花々が咲いていました。

202233174011.jpg

今年は年明けからいろいろと大変なことが起きていますが、
それでも自然界はこうして季節に対しては素直に反応するのだなと
当たり前のことに ちょっと感激してしまいました。

コロナ禍でも感染症対策をしっかり行って
POPUPイベントの売り場に立つことが多いこのごろですが、
この2~3年、外出をしない生活が中心になってしまったというお声をよく聞きます。
だからジュエリーなんて着けていくところもないの…と 少し寂しそうな顔でお話しされる方もいらっしゃいます。

その一方で マイペースで ご自分のスタイルに合ったジュエリーを探しにいらしてくださる方もいらっしゃいます。

どちらがどうということではないのですが、
同じ状況でも 少しでも明るく前向きに、おしゃれ心を閉じ込めずに生きていけたらいいなと思います。

3月以降も百貨店のPOPUPのほか、アンティークマーケットなどにも出店する予定です。
またこれまで以上にOnlineshopへもたくさんの商品をUPしていきたいと思いますので、
今後ともYK Collectionをどうぞ宜しくお願いいたします。

 


 

新年のご挨拶(2022年)

202214175319.jpg



 

皆さま あけましておめでとうございます。

昨年も大勢の方にホームページを訪れていただき心より御礼申し上げます。

私達にとって未曽有の経験となったコロナウィルスの流行は
まだまだ予断を許さない状況が続いていますが、
そのような中でも 

「美しい物を目にしたい」
「美しい物を身に着けたい」


という気持ちが少しずつ取り戻されてきたような
そんな印象を持つ2021年でした。

新しい年も 希望を失わず
皆さまに 魅力あるヴィンテージコスチュームジュエリーの世界をお楽しみいただけるよう
エネルギーを注いでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ショップオーナー K・ユミコ

 

ページ上部へ