ホーム>ショップオーナーのおしゃべり>ジュエリーの装い>眠っているジュエリーをよみがえらせましょう!
ジュエリーの装い

眠っているジュエリーをよみがえらせましょう!

2020820163324.jpg

 

ジュエリーは装いの仕上げに欠かせなアイテムです。
理想的なのは ジュエリーが着ている服にぴったりマッチして それぞれを引き立て合うこと。
それこそが 個性の演出であり 自己表現の喜びであるのです。

またジュエリーは自分の個性を引き立ててくれるものであれば、必ずしも高価な宝石である必要はありません。
お洒落好き、ジュエリー好きさんは きっと洋服の数に負けないくらいのジュエリーをお持ちなのではないでしょうか?
宝石を使った物から、プラスチックやガラスなどのアクセサリーに至るまで、中には しまわれて出番がないままの物もあるかもしれません。

でも それでは あまりにジュエリーが可哀そう。
ジュエリーは 人が身に着けてこそパーフェクトに魅力を発揮できるように作られたのですから。

そこで 私が提案したいのは手持ちジュエリーの総チェック。いわば棚卸とでも呼びましょうか。
ステイホームが奨励された今年の4月~5月頃、洋服の断捨離をしたという声をよく聞きましたが、まだしばらくお洒落をして外出するという機会は 少なそうです。
そんな時こそ、眠っているジュエリーを1つ1つ取り出して、状態をチェックしながら今の自分はこのジュエリーをどう使おうかと考えてみるのはいかがでしょうか?
「いつまでに」という制約がない分、自由にじっくりと楽しみながらできる作業になります。

ただ、欲張って片っ端からということにすると途中で疲れて投げ出したくなってしまうかもしれないので、今回は、 まずはブローチに着目してみましょう。
着て行こうと思った服に ブローチを着けたら 今一つ決まらなくて、結局 何も着けないで出かけてしまったという経験が、どなたもおありだと思います。
指輪、ブレスレット、ネックレスなどのように 身体に直接着けるものと違い、ブローチは 服につけるという点で、その着け方によって失敗もあれば大成功もある。
難易度が高いけれど、うまくいけば これほど効果的な装身具はないというのがブローチです。
ただし ぶっつけ本番では 難しいアイテムでもあるので、やはりリハーサルが必要。
ということで、この機会に お手持ちのブローチをよみがえらせるためにも ちょっと時間を割いてみましょう。


まず、気に入って買ったけどあまり使っていないというブローチがありましたら それを1~2個選んでみてください。
ジャケット、ワンピース、ブラウス、ニットのプルオーバー、カーディガン、ストールなどの中で、ご自身が比較的よく着る服を選んで、試してみて下さい。
漠然とではなく、できるだけ具体的に、例えば友人との集まりに出かける時には この服にこんな風に着けてといったように、シーンをイメージしながらやってみてください。
今は 会食もNG、お芝居や映画も控えてという状況かもしれませんが、そんな日々が何年も続くということはないでしょう。
なので、今は ちょっと先を見据えて 楽しみながらやってみてください。

あまり難しく考えることはありません。
基本は つける人、つける服とのバランスです。
大きさだけでなく、その人の個性、また素材、デザイン、色彩など、総合的なものなので、全身が写る鏡の前で、ブローチの位置、角度などいろいろと見ながら いちばんしっくりくる位置を見つけて下さい。
全身と調和して 一枚の絵の様に見える場所が必ずあるはずです。
では、ブローチとお手持ちの服のコーディネート探しをどうぞ お楽しみください。

 

 

ブローチの着け方の基本と応用については こちらでも解説していますので、是非 参考になさって下さい。

2020820163538.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yk-col.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238

ページ上部へ