ホーム>ショップオーナーのおしゃべり>ジュエリーの装い>服の色と合わせてボリュームのあるネックレスを楽しみましょう
ジュエリーの装い

服の色と合わせてボリュームのあるネックレスを楽しみましょう

夏が近づいてくるとヴィンテージのガラスやプラスチック素材の多連ネックレスに目が行くようになります。
ボリュームがあって、色が個性的なネックレス、ショップでも見かける機会が増えますが、
そのもの自体のデザインの美しさには目を留めるものの、
実際にどう着けていいのか迷われる方も多いのではないでしょうか?

20217518158.jpg

確かに 長さ、ボリューム、そして着る服の襟の形や襟開きとのバランスなど
ちょっと難しいと思われるかもしれません。
よく 「40cm」「60cm」などと長さ指定で探される方もありますが、
ヴィンテージのコスチュームジュエリーでは このような概念にとらわれてしまうのは
残念ですし、勿体ないと思います。

雑誌の中から見つけた次の4枚の写真を見てみましょう。

まず1枚目は、大きく開いた胸元に4連のネックレス。
服の色とのバランスや 開きとのボリューム感もパーフェクト。
ここまでピタリと決まれば 申し分ありませんが、
もう少し 気軽に着けてみたいいう方にお薦めのコーディネートをご紹介します。

202175181018.jpg

まずは こちらの1枚。
ターコイズの多連ネックレス。
よーく見ると 首元に細いゴールド系のペンダントを着けていて、
服の上にはターコイズの多連ネックレスを無造作に着けているように見えます。

202175181352.jpg

この女性はかなりのお洒落さん。
一見無造作に着けているように見えるターコイズのネックレスですが、
白地にターコイズブルーの刺繍のようなものが施された服と 色を合わせています。
襟元との重なり具合などは、体の動きによって 動いたりずれたりすると思いますが、
色を合わせたということで、このコーディネートはバッチリ決まっています。

襟開きとの長さのバランスや、襟の形との重なりなどを気にせずに
色を合わせるという一点に絞ったコーディネート。
これなら気軽に試すことができそうです。



季節が違いますが、他にも2例ほどお薦めの着け方を見つけました。

こちらはカシュクールのような深いVの開きに二連の大ぶりのネックレスを着けています。

202175182124.jpg

普通ですと、V開きの中にバランスよく収まる長さを考えてしまいがちですが、
ベージュの服にアイボリーというトーン違いの同系色のネックレスということで、
とてもお洒落に収まっていますね。
もちろん 色のコーディネートは 同系色に限らず、
こういったベーシックカラーでしたら、ブラウン系なども素敵です。



もう1枚は 青でまとめたコーディネート。
ネイビーの大きなカラーの上から、長めの二連ネックレス。
ネックレスの色は帽子とお揃いの光沢のあるラピスラズリカラー。
こちらはMax Maraの本から取ったものですが、
ここまで決めたら かっこいいですね。

202175221945.jpg

いかがでしたか?
今回 私が目に留めたお洒落なネックレスの着け方の写真ということで、
どれも服の色と合わせたネックレスという結果になっていますが、
これは一つのヒントだと思います。
色を合わせることで、ボリューム感のあるネックレス単体が目立ち過ぎるということがなくなります。
それを第一歩として うまくいったら、色を遊んでみたらいいですね。

まずはお手持ちのネックレスを取り出して、
長さやボリュームにとらわれない着け方、色とのコーディネートでまとめる着け方を
試して見て下さい。
この夏 復活するネックレスが出てくるかもしれません!

(こちらの記事は HPのレッツエンジョイ<アイテム別の方でもご紹介しています)
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yk-col.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/261

ページ上部へ