ホーム>ショップオーナーのおしゃべり>ジュエリーの装い>味わい深いヴィンテージのブローチ(その1)
ジュエリーの装い

味わい深いヴィンテージのブローチ(その1)

朝夕の風が肌に心地よく、秋を感じさせる日々となりました。
さあ、この秋はどんなブローチを楽しもうかな?と少しワクワク気分になります。

夏の間はちょっと出番がなかったボリュームのあるヴィンテージのブローチを取り出して
あれこれ服との組み合わせを考える時間はジュエリー好きにとっては至福の時といえます。

秋というと ブラウンやゴールドといった秋色、
モチーフはリーフや果物。
そんなイメージを抱かれることが多いかと思いますが、
今日は 最近入手したレッド&ピンクの素敵なブローチをご紹介します。

202192015215.jpg

ハートの形をしたワインレッドのガラスは5枚の花弁。
中央は ホットピンク、その周りにライトピンクのブリリアントカットのガラス。
ブラックメタルに繋がれた外側のマーキースシェイプの濃い赤とピンクは
つぼみ又は葉っぱのイメージ。
こんな風に見ているだけで夢が広がるようなデザインと素材使いがとても魅力的です。

202192015274.jpg

黒のメタルはジャパンドメタルと呼ばれ、アールデコ時代に流行した黒のジュエリーに多用されました。
地金に漆風の鈍い黒色をつけたもので、ラインストーンの色を引き立てる役割となっています。

2021920154017.jpg

奥行き感のある色使いを楽しめるブローチ。
黒だと地金の色がまぎれてしまうので、
チャコールグレーや淡いグレーがお勧めです。

2021920154557.jpg


サイズなどは商品ページにてご確認ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yk-col.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/267

ページ上部へ