ホーム>ショップオーナーのおしゃべり>プライベート>ガブリエル・シャネル展(三菱一号館美術館)
プライベート

ガブリエル・シャネル展(三菱一号館美術館)

2022724154753.jpg

 

6月下旬から三菱一号館美術館で開催されている「ガブリエル・シャネル展」。
暑さにも身体が慣れてきた22日、ようやく念願かなって
観に行くことができました。

コロナ禍になってから ほとんどの美術館はオンライン予約が可能になり
飛び込み派でない人にとってはとても行きやすくなりましたね。
さすがに土日や当日、夕方のハッピーアワーなどは予約が取りにくそうですが、
平日の昼間なら前もって予定を決めておけば ほぼ希望の時間帯が取れそうです。

 

2022724155258.jpg
 

シャネルと言えば 作品集だけでなく、

そのエピソードや名言集といった本などを含めると

かなりの数の翻訳本も出ているし、映画も何本かあります。

ただ今回の展覧会は純粋にシャネルの仕事に焦点を当てたもので

こういった意味では日本での開催は32年ぶりとなります。

 

三菱一号館美術館は ジョサイア・コンドルによる

明治時代のレンガ造りの建物ですが、

その中の2つのフロアを使った展示は ゆったりとしていて

じっくりとその世界を味わうことができました。

 

1920年代の初期の作品から晩年のコレクションに至るまで

見ごたえのあるコレクションでしたが、

革新的で自由なクリエーションの中から永遠のスタイルを作り出したといわれるシャネル。

派手さや奇をてらったところはなく、エレガントで控え目。

けれど デザイン、素材、縫製 すべての細部へのこだわりは

決して平凡なものではなく シャネル独特の引き算の美学によって
これらのスタイルは完成しているのを感じます。

 

2022724155437.jpg

 

リトルブラックドレス、ツイードのスーツといったアイコニックな物から

鮮やかな色を使ったイブニングドレスなど 様々な展示を堪能しましたが、

今回はジュエリーの展示が思った以上に充実していたのも

私にとっては嬉しいことでした。

シンプルな服にアクセントをつけるために考案された数々のコスチュームジュエリー。

これまで本でしか見たことのなかったジュエリーも展示されていて、

やはり実物を見ないとこの良さは伝わらないと思うものが沢山ありました。

 

2022724155631.jpg

 

さて、美術館を出た後は 隣接のカフェにて一息。

こちらは銀行部門として使われていた場所で、

当時の窓口であった部分が美しいアクセントとなっています。

 

2022724155859.jpg

 

ランチタイムは予約をしておいた方がいいですが、

平日ならば 少し待てば 入れるようです。

美術鑑賞の日ぐらいは こういった時間にも余裕をもって楽しみたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yk-col.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/290

ページ上部へ