ホーム>ショップオーナーのおしゃべり>新着商品

新着商品

ジョセフ・オブ・ハリウッドのフラワーモチーフネックレス

5月のイベントスケジュールの見通しが立ちにくい状況となっていますが、
オンラインショップの方では ひと足先にジュエリーを少しずつご紹介しています。

今日はJoseff of Hollywoodのフラワーモチーフのネックレスです。
ハリウッド映画の中のジュエリー製作を手掛け、その後一般の女性のためにも提供してきたジョセフの作品は
大胆で個性的なものが多く、オークションカタログにも数多くのジュエリーが掲載されています。

202159132930.jpg

今日のネックレスは こうしたカタログに載っている商品ではありませんが、
日常の装いを少しグレードアップさせるのに役立つような素敵な一品です。

202159133324.jpg


ジョセフの特徴であるアンティーク風のマットなゴールドに施された細かな細工。
そしてセンターを中心に左右対称に配置された平たい模造パールとラインストーンが
優しさと華やかさを加えています。

202159133513.jpg

着けたときに中央の部分が少し下がるような落ち着きのいいデザインになっています。
詳細については こちらをご覧ください。

イエローのジュエリー

コスチュームジュエリーの魅力の一つは 素材にこだわらない自由な色遣いということが挙げられます。
宝石を真似て作った模造パールやラインストーンは欠かせないものとなっていますが、
天然石ではなかなか実現しない色のジュエリーが作れるというのは大きな魅力です。

その一つに挙げられるのが黄色。
今週オンラインショップとインスタにアップした2点をここでもご紹介します。

まずはヴェネチアンガラスのネックレス。
202155115245.jpg

ベースに金箔をあらかじめ巻き取った上に、クリアなガラスを被せて作られたビーズ。
こちらのビーズにはレモンイエローのチップも入れられているので、
奥行のあるガラスをのぞき込むと不思議な世界が見えてきます。

202155115850.jpg
 

イエローのチップと同色の小振りのビーズを間に入れることで、
全体が重たい印象にならずにリズミカルな印象になっています。

2点目はミリアム・ハスケルのセットジュエリー。
こちらはハチミツが固まった時のようなクリーム色のガラスが特徴です。

20215512124.jpg

星形にセットされた小粒のラインストーンとパールビーズの中央に
円形のクリームイエローのビーズがアクセントになっています。
派手過ぎないけれど、ラインストーンやパールの光沢で落ち着いた華やぎを持たせています。

20215512319.jpg

真夏はイヤリングのワンポイント使いもお薦めですし、
秋ぐちになったら、ブローチは少しダークな色合いの服に合わせてもおさまりそうです。

いかがでしょうか?

商品についてはこちらをご覧ください。

20215512529.jpg  2021551263.jpg

春を感じるお花のブローチ

明日から4月。
関東の桜はもう既に開花を過ぎてしまいましたが、
桜が終わるとハナミズキ、そしてツツジと続きます。

 

ショップでも 今年は沢山のお花のブローチが揃いました。
いずれも小振りなので 胸元に飾ったり、少し早いですが 母の日のプレゼントにもお薦めのものばかりです。

こちらでも少しご紹介したいと思います。

まずは こちらから…。
202133117520.jpg

れらのブローチは ヨーロッパで作られたものと思われます。
コスチュームジュエリーの金属は ほとんど合金になっていますが、
こちらの3点は12kgf(12カラット ゴールドフィルド)が使われています。
ゴールドフィルドとは金張りのことですが、金合金の薄い膜を貼り付けたもので、
メッキよりは金の部分が厚くなっています。
そのため、ゴールド色も明るく艶があるのが見て分かります。

花の部分は 象牙を真似た素材(練り物)が使われていますが、
葉や茎の部分はいずれも細かい細工が施されています。
花一輪のブローチ、オーバルフレームの中に大きな花や枝葉が付いた花が飾られたブローチなど
異なったデザインが揃いました。
お好みの物は見つかりましたか?

下記の画像をクリックしてオンラインショップにいらして下さい。

 

202133118540.jpg

20213311869.jpg

202133118648.jpg




 

 

秋にお薦めのジュエリー 天使のブローチ

 

見上げる空も秋めいて、すっかり過ごしやすくなりました。

おしゃれ心がくすぐられる秋…

今年はコロナの影響で まだまだ外出自粛という方もいらっしゃるかもしれませんが、

魅力的なヴィンテージのジュエリーを少しずつご紹介していきます。

202091514434.jpg

 

本日は Joseff of Hollywoodの天使のブローチをご紹介します。

翼のはえた子どものような姿の愛らしいcherub(ケルビム)と呼ばれる天使のモチーフはバレンタインデーに向けてJoseffが製作されたシリーズで用いられています。

ハート、天使、矢といった甘いモチーフとJoseffのマットゴールドの組み合わせが独特な印象となっています。

 

20209151475.jpg

 

天使の立体感、台座の透かし細工の繊細さ、揺れるパールのエレガントさ… 手に取ってみるだけでも満足感の得られるブローチです。

 

202091514813.jpg

 

エレガント、カジュアル、自由に装いに取り入れて下さい。お休みの日には 小さな額に飾るのも素敵です。

 

詳細は オンラインショップをご覧ください。

コスチュームジュエリーならではの大粒パールネックレス

2020731165549.jpg

 

明日から8月ですね。
ふつうなら夏らしいリゾート向けのジュエリーをご紹介する時期ですが、
今年は お出かけ気分とはならない日常が続いています。

いつもと少し違った夏…
そんな時には、じっくりと眺めていただきたい当ショップ一推しのジュエリー何点かをご紹介することにしました。

まず最初は ミリアム・ハスケルのー連ルネックレス。
実は この春の自粛要請期間に 意外と反響があったのがミリアム・ハスケルのシンプルなネックレスでした。
そこで 何点か新たに入手しましたが、その中でもスペシャルなのがこちらのチョーカータイプのネックレスです。

 

2020731221450.jpg


大粒パールのネックレスといって思い浮かぶのは?
ココ・シャネル?
ジャクリーヌ・ケネディー?
オードリーヘップバーン?
ヴォーグの編集長?

皆さま それぞれ違うイメージをお持ちかもしれませんが、
共通して言えるのは しっかりとした意思を持った大人の女性であるということ。
数ミリの小粒パールのネックレスは、社交界にデビューしたての若い女性であるのに対し、
優雅に年を重ねて自分の人生を歩いてきた人にふさわしいのが大粒パールのネックレス。

しかもそれはパーティードレスのような特別なシーンで着る服に合わせのではなく、
シンプルで上質な丸首ニットの襟もとに合わせたり、
スーツのインナーに合わせてみる。
不思議なことに ネックレス一本で それまでとまるで違った気分が味わえます。
気に入ったジュエリーを身に着けることは、自己表現の大切な仕上げの部分でもあり、
自分自身の自信にもなるのです。

しかし、本物の真珠で これだけの大きさを揃えるのは大変。
かといって おもちゃみたいなプラスチック製のパールでは 長く使うものとしては不満が残ります。
そこで お薦めしたいのが ハスケルの模造パールのネックレスなのです。

ここでご紹介しているネックレスは チョーカータイプで
パールの大きさは 13~15ミリ。
スペーサーと呼ばれる パールとパールの間を埋めるパーツには ハスケル独特のメタルビーズが2個ずつ入っています。
このスペーサーによって、全体のバランスが美しく保たれ、
遠目で見た時にも 大きな珠同士がくっついて重たい印象に見えることがないのです。
ガラスに 魚鱗などの真珠の様に見える物質をペースト状にしたものを十数回コーティングするという
まるで真珠の生成のような手の込んだプロセスを経て作られたガラスパール。
しかも、こちらの商品は 一粒一粒 光沢が美しく 使用感もほとんどない大変クオリティーの高いものとなっています。
詳細については 商品ページをご覧いただきたいと思いますが、
長年ディーラーをやっていても なかなか出合えない逸品です。



202073122304.jpg

商品ページはこちらです
 

もちろん三連の物や 少し長めの物も美しいのですが、
いつも身に着けるお気に入りには シンプルな一連をお薦めします。

今日は大粒パールのネックレスについてご紹介をしましたが、
細身の方、肩こりのある方などには、少しヘビーに感じるかもしれません。
そういう方には もう一回り小さめの12ミリ前後のもの、あるいは9ミリぐらいのものをお薦めします。

ちなみに下の画像は 外側が今日ご紹介のネックレス。
内側が9ミリのネックレスとなっています。


2020731222653.jpg



【ZOOMで ご来店いただけます】
今年の後半も アンティーク関連のイベントの開催は未定です。
実物をお試しになりたいという方にはご不便をおかけしますが、
ZOOM機能を使ったオンラインによるご来店で、
私が実物を手に取ってご説明することは可能です。
こちらのネックレスに限らず、何か お心に留まるお品がありましたら、
どうぞお気軽に メールにてお問合せ下さい。
お待ちしています。

2020731224543.jpg

 

ハナミズキのブローチ(Trifari)

新型コロナウイルス感染拡大を抑えるべく、いま 私たちはこれまでになかった生活形態を求められていますが、家の近くにある小川沿いの散歩道を歩くと、そんな不安とは関係なく、八重桜もそろそろ散り始め、代わってハナミズキの開花へと季節が移っていました。

 

2020414112352.jpg

ハナミズキは北アメリカ原産で、おもに合衆国東海岸からミシシッピ川にかけて自生しており、春の終わりに開花し始め 開花が移動する様子は日本の桜前線と似ているといわれています。
日本でも 市や区の花に指定されている所も多く、街路樹に白やピンクの花を咲かせた模様は 本当に美しく 私も大好きです。
 
ハナミズキは  1915年に東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ寄贈した御礼としてアメリカから贈られ、その後 全国に普及したと言われています。
大きく開いている部分は 実は花序全体の基部を包む総苞と呼ばれるもので、中心の塊の部分が実際は花となっているそうです。
 
花開いた時の独特の形には 興味深い言い伝えがあります。それによると…
 
昔 ハナミズキは、太くしっかりした幹だったので、イエス・キリストを磔にする十字架の材料にされました。ハナミズキの木はそれを深く悲しみました。
すると、復活したイエスが現れ、「もう二度と十字架にされないよう、細くて曲った木にしてあげよう」と言って、今のように曲がった幹の細い木となったということです。そして、総苞片は十字架の形になり、中央の花はイエスの冠のような形になり、実はイエスの血の色の赤となり、イエスの受難を今も人々に伝えているのです。
もっともこの言い伝えは、聖書には十字架の材質の記述はなく、イエスのいた時代のナザレ地方には、ハナミズキはなかったので、後世にアメリカで作られた伝説とみられています。
 
さて、お喋りが長くなってしまいましたが、本題に戻しましょう。
季節を問わず 人気のハナミズキのブローチですが、今年も オンラインショップにトリファリの物が数点集まりました。
中には3月の催事ですぐに販売となってしまったものもありますが、優しい表情のエナメル使いの物や、シルバー系のピンブローチ、そしてエナメル彩色のピアスなど。
 
 
こちらで 画像をご紹介します。


 

2020414115224.jpg   2020414115446.jpg   2020414115545.jpg

詳細については こちらのページからご覧ください。

 

揺れるクリスタルが美しいネックレス ミリアムハスケル

202047142357.jpg

カットされた3つの涙型のクリスタルがシャンデリアのように揺れる美しいネックレス。
アンティークジュエリーの世界では リボンの蝶結びや大きな宝石の下に3つのペアシェイプの宝石などが下げられたスタイルを「ギランドール様式」と呼んでいますが、
こちらのセンターモチーフは そのイメージに近いものがあります。

細工、質感、太さが異なる3本のメタルチェーンがは 身に着けた時に美しいバランスで胸元を飾るようにセットされています。

 

202047143638.jpg

 

春先から初夏にかけて、クリスタルの透明感が とっても魅力的なネックレス。
プレーンなワンピースやトップスに合わせてお楽しみください。

 

202047143724.jpg

 

商品についての詳細はこちらをご覧ください。

 

春にぴったり♡ コーラルピンクのジュエリー

「ピンク」というと ロマンチックで優しいイメージがあり、
憧れを抱いている女性は多いのではないでしょうか。
特に春が近づいてくると、何となく世の中ピンクが目に付くようになってきます。
そうなると気になるのがピンク色のジュエリーです。


しかし 実際にジュエリーとしてピンクを選ぶ時は慎重にならなくてはなりません。
ピンクと一言で言っても、青みを帯びたピンクから黄色味を帯びたピンク、フューシャのような濃い色味のピンクと様々です。

今日ご紹介するのは コーラルピンクのジュュエリーです。
青みを帯びたピンクは 顔色がくすんで見えるという方は
コーラルピンクのように少し暖色系のイエローがかったピンクがお薦めです。

2020211145110.jpg

こちらのセットは デ・マリオというデザイナーの物で
1960年代の製品です。
ピンクというよりは むしろオレンジ色に近いですが、
甘すぎず、薄いベージュのブラウスやワンピースに合わせると
大人っぽい雰囲気で上質のおしゃれが楽しめます。

202021114568.jpg
センターモチーフには7つのビーズが下がっていて
身動きするとかすかに揺れる作りになっています。

この甘い色とともに、揺れるデザインというのが大人心を刺激します!

 

2020211145825.jpg
ちらのトルソーのように 濃い色の服地にのせると
オレンジ色がより深くなって 少し印象が変わります。
秋から冬にかけては こんな組み合わせもおすすめです。

20202111501.jpg
後ろの部分は アジャスターになっているので、
微妙な長さ調整ができます。

サイズや価格などの詳細は オンラインショップにてご確認ください。

春を待ちながら身に着けたいブローチ&イヤリングセット

まだ早春と呼ぶには早い時期ですが、不思議と年が明けると気分は春へと向かいます。
そんな時に身に着けたいのがきれいな色のブローチとイヤリング。
それもヴィヴィッドではなくて、ライトな優しい色彩です。

今日 オンラインショップにアップした3つのセットは
1950年代に作られた美品。
素材となっているガラスの色とカットの美しさ。
それらが生み出すデザインは どれも個性的で 精巧な作りになっています。

では早速ご紹介します。

まず1つ目は 淡いブルーとペリドットカラーの美しい組み合わせです。
大きなペアシェイプのブローチは 中央の部分が高くそこからなだらかなラインを描いているので
厚みがある割には 服になじむようにデザインされています。

イヤリングの方は 花を思わせるような 少し優しいデザインになっています。

2020127224912.jpg

 

2つ目は ペーズリーのようなリーフのセット。
こちらはブローチとイヤリングがほぼ同じデザインになっています。
鮮やかなグリーンのラインストーンとオーロラ光沢を持つストーンが組み合わさって
春から初夏にかけてのファッションに取り入れたくなるようなリズミカルな雰囲気です。

2020127225229.jpg

 

最後は リーフと立体的な小花の組み合わせが華やかなセットです。
使われている色は2番目の物と共通していますが、
デザインが違うと印象も大分違ってきます。

202012722551.jpg

 

いかがでしょうか?
これらは おそらく未使用のままで時代を経てきたと思われます。
1950年代の物と言われていますので、かれこれ70年前の物となりますが、
作りもしっかりしていて、ストーンの欠落もありません。

 

最近 またヴィンテージのブローチが注目を浴びていますが、
このようなセットジュエリーをお付けになる方は 残念ながらあまり多くありません。
「ブローチだけ」とか「イヤリングだけ」という方がいらっしゃいますが、
こちらの3点のように、色使いやデザインが個性的な物は
是非 セットで身に着けて頂きたいと思います。

というのは、色のある個性的なデザインのブローチは
単品で使うとそこが目立ってしまうということがあります。
ですが、イヤリングを着けることで 調和がとれ、
双方の魅力が増すという相乗効果があります。
デザイナーは それを計算して作っていると思うので、
せっかく手にするチャンスがある場合には、
是非 セット使いにチャレンジしてみて下さい。

きっとこれまでとは違った 充足感が得られると思います。

これらのジュエリーの詳細はオンラインショップをご覧ください。

ブルーとペリドットカラーのセット

グリーン系リーフのセット
 

グリーン系リーフと花のセット

エルザ・スキャパレリの魅力

新年早々 素敵なスキャパレリのコレクションが入荷しました。

 

「ショッキングピンク」の代名詞で有名なスキャパレリはイタリア出身のデザイナー。

ココ・シャネルの永遠のライバルと称されたスキャパレリは

自らデザインしたコスチュームジュエリーや それに合わせた洋服をデザインし、

1931年にパリのヴァンドームにサロンを開き、

上流階級のマダムや女優たちの間で人気が高まっていきました。

201921213445.jpg

空想的でユニークな作風は 第二次世界大戦前の重苦しいヨーロッパの空気を吹き飛ばすような斬新なものでしたが、

戦争に突入するとともに、アメリカへと渡り ニューヨークに支店をオープンしました。

 

今回 入荷の2点は ちょっと印象が違うものです。

シックで大胆なブローチとイヤリングはスモーキークオーツを連想させる濃グレーの長方形のガラスに

シャープなカットが施され、オーロラ光沢のラインストーンの反射と美しく呼応し、

大胆でさだけでなく、どこか神秘的な印象を与えます。

201921213958.jpg

 

そしてもう一点は ブラウン系パールのブドウの3点セット。

エレガントさと素材使いの面白さは やはりスキャパレリならではのユニークな作品となっています。

201921214431.jpg

 

どちらも完成度が高いのでちょっと着けるのはちょっと気後れしそうですが、

当ててみると意外に馴染んでくれます。

 

皆様が心惹かれるのはどちらのセットでしょうか?

これらの作品、通常は屋外のマーケットには持参しないので、

ご覧になりたい方は 前もってメールでお知らせください。

 

ページ上部へ