ホーム>ショップオーナーのおしゃべり>ジュエリー

ジュエリー

目にも涼し気なガラスのジュエリー vol.2(ハスケル)

昨日は ハスケルの中でも最もゴージャスな部類に入る
素敵なガラスのチョーカーとイヤリングセットをご紹介しましたが、
今日は 同じ色調でも もう少し手軽に取り入れることのできる
五連のネックレスをご紹介します。

2021721133111.jpg

リズミカルで軽やかに動く5本のネックレス。
素材はクリアーガラスですが、ここにハスケルならではのこだわりが見られます。

2021721133924.jpg

多面にカットしたガラスビーズを3つずつ組合わせていますが、
真ん中のガラスが肉厚でそれを挟む両側は薄めになっています。
この他に極小、小のガラスビーズ、明るめのゴールドメタルビーズ。
これらを繋ぎ合わせて1本の連が出来ています。
 

2021721135253.jpg


こうして作られた5本の連はラインストーンで美しく装飾されたオーバル型のクラスプに繋がれています。


2021721141320.jpg


このクラスプは装いのアクセントとなるので、背面だけでなく、
少し前方にずらすなど、着ている洋服のデザインに合わせて工夫してみましょう。

2021721141524.jpg

昨日のジュエリー同様、夏は涼し気に装えますが、
冬場のクリスタルも凛とした美しさが際立つものです。
シンプルなデザインのニットなどに合わせてみてもいいでしょう。

こちらの商品については オンラインショップで詳細をご覧いただけます。
 

 

目にも涼し気なガラスのジュエリー vol.1(ハスケル)

 マスクをしながら熱中症対策をするという何とも不便な夏も今年で二回目となりました。
このような時期、私は仕事を別にして、それ以外は 原則不要な外出は控えるようにしています。
皆さまは どのような夏をお過ごしでしょうか?

そんな中で せめて眼だけでも涼しさを感じていただけたらと思い、
今日と明日 二回に分けてハスケルのクリアーなガラスジュエリーをご紹介することにします。

2021721111552.jpg


画像に移っているのは 日本におけるミリアム・ハスケルコレクターの第一人者
渡辺マリさんの2冊目の著書です。
今日ご紹介するのはこの本の中でも同じデザインが紹介されている、
ラグジュアリーなチョーカーとイヤリングです。

2021721111815.jpg

クリアーなガラスを繋いだ十一連のチョーカーとイヤリングのセット。
イヤリングは チョーカーのクラスプに使われているモチーフと同じデザインとなっています。
クールな印象の透明のカットガラスに華やかなフローラルデザインのクラスプを合わせたチョーカー、
派手過ぎず、上品さをたたえながらも
ひと味違ったシック&ゴージャスな魅力にあふれていると思いませんか?

どこが素晴らしいかと言えば、デザインもさることながら、絶妙なる素材使いです。
クリアーなガラスをメインに、ビーズの間に配置されたブロンズ色のメタルビーズ、
要所要所に入れられた小さなクリアーラインストーン、
そしてクラスプとイヤリングの中央の大きなラインストーンの周りは
明るいゴールドのメタルと小さなラインストーンで装飾されています。
ハスケルの素材へのこだわりはブランドストーリーでもご紹介しましたが、
主張が強いラインストーンだけで組み合わせてしまうと
少しやり過ぎ感が出てしまうところを、
ブロンズメタルを入れることで 落ち着きを持たせる。
この辺りのセンスは ジュエリーコーディネートの時にも見習いたいものです。

2021721112724.jpg


前述の渡辺マリさんの本の中でも紹介されていますが、
ハスケルジュエリーはスペシャルな上級ラインの物をAライン、フォーマルをBライン、
カジュアルをCラインとして 3つのラインを製作したと言われています。
このチョーカーは正しく精巧さと煌びやかさが華開いたAラインの物といえるでしょう。

2021721113130.jpg


いかがでしたか?
私の撮影では クリアーなガラスの持つ輝きと清涼感がどこまで伝えられたか不安ですが、
いわゆるゴージャスな派手なピースではないけれど、
これぞ真似ることのできないハスケルの世界!
チョーカーはかなり細目(約39cm)ですが、
夏ならば襟が深く開いたシンプルなワンピースに合わせてもいいですし、
冬は ハイネックの襟の上にビーズ刺繍のような感じで載せても素敵です。

オンラインショップでも詳細はご覧いただけますので、
ご興味がありましたら そちらも是非のぞいてみて下さい。
こちらからどうぞ


さて、明日は 同じハスケルのガラスネックレスでも
もっと手軽に身に着けられるデザインのものをご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!


 

Costume Jewerlyの本

イベントの合間の数日間。
たまっていた部屋の整理をせっせと進めています。
いつも悩んでしまうのが、ため込んだパンフレットや書類などの紙類。
ジュエリー関係の本も年々増えてきて、洋書なども重いので ついつい入れやすい場所に入れてしまうことが多いので、
意を決して それらの整理をしました。

見出すと ついついそちらの方に引っ張られて、しばし整理は中断。
そんな経験、おありの方も多いのではないでしょうか?

こちらが手に取った一冊。
私がコスチュームジュエリーを専門に扱い始めた頃に入手した本です。


20217321210.jpg

著者である Carole Tanenbaumの素晴らしいジュエリーコレクションが収められていますが、
目次を見ても分かるように、この本は
ヴィクトリア時代に始まり、アール・ヌーボー期、アール・デコ期を経て戦中戦後、50年代と続きます。

202173212724.jpg

この本で述べられているコスチュームジュエリーとは 貴金属や宝石以外の素材を使って作られた物で、
アンティークのジェットやスコティッシュジュエリーなども含まれていますが、
Caroleさんが特に興味を持っているという1950年代、60年代の物は
特に秀逸で、写真もとても美しく思わす見とれてしまいます。

私がYK Collectionを立ち上げた頃、青山のギャラリーを借りて定期的に展示会を開催しましたが、
その時に この本の写真をスキャンして スライドショーにして流していました。

202173212838.jpg


20217321298.jpg


202173212946.jpg


美しい写真の数々、どのピースも今ではなかなか実物にお目にかかれないような
素晴らしい完成度の高い物ばかりです。
当時憧れていたコスチュームジュエリーの世界、
今では状況も厳しくなり、ますますこういったピースの入手が難しくなっていますが、
諦めずに ジュエリ探しを続けていきたいなと改めて思いました。
 

 

トリファリの美しいセットジュエリーが入荷しました!

6月もあと数日となりましたが、今日はトリファリの美しいセットジュエリーのご紹介です。
トリファリのゴールド&パールジュエリーは不動の人気がありますが、
日本ではどちらかというと細かいパールの付いた可憐でロマンチックなイメージの物が人気があるように思います。
おそらく大げさにならずに装いやすいということなんでしょうが、
こちらでご紹介のセットは、王道を行く正統派のクラシックスタイル。
オードリーよりは どちらかというと グレース・ケリーのイメージです。

202162822137.jpg

大き目のパールは 堂々とした気品と他を寄せ付けない美しさを感じさせます。
ネックレスの内側に配置されたパールと、4つのグラデーションパールが飾るイヤリング。
このジュエリーは 大人の女性の装いの強い味方になってくれそうです。

2021628221718.jpg

ネックレスにもイヤリングにも黒地に金の文字で Jewels of Trifariと書かれた紙のタグが付いたまま。
コンディションは新品同様です。

2021628221949.jpg

そして、イヤリングのデザインですが、上の画像を見て下さい。
4つのパールを外側にするか内側にして着けるかによって微妙にお顔回りの雰囲気が変わります。
またこのデザインのイヤリングは、お手持ちのシンプルなパールのネックレスに合わせても素敵!
いろいろなコーディネートの幅が広がるので是非お楽しみください。

2021628222250.jpg

詳細はこちらをご覧ください。

ジョセフ・オブ・ハリウッドのフラワーモチーフネックレス

5月のイベントスケジュールの見通しが立ちにくい状況となっていますが、
オンラインショップの方では ひと足先にジュエリーを少しずつご紹介しています。

今日はJoseff of Hollywoodのフラワーモチーフのネックレスです。
ハリウッド映画の中のジュエリー製作を手掛け、その後一般の女性のためにも提供してきたジョセフの作品は
大胆で個性的なものが多く、オークションカタログにも数多くのジュエリーが掲載されています。

202159132930.jpg

今日のネックレスは こうしたカタログに載っている商品ではありませんが、
日常の装いを少しグレードアップさせるのに役立つような素敵な一品です。

202159133324.jpg


ジョセフの特徴であるアンティーク風のマットなゴールドに施された細かな細工。
そしてセンターを中心に左右対称に配置された平たい模造パールとラインストーンが
優しさと華やかさを加えています。

202159133513.jpg

着けたときに中央の部分が少し下がるような落ち着きのいいデザインになっています。
詳細については こちらをご覧ください。

イエローのジュエリー

コスチュームジュエリーの魅力の一つは 素材にこだわらない自由な色遣いということが挙げられます。
宝石を真似て作った模造パールやラインストーンは欠かせないものとなっていますが、
天然石ではなかなか実現しない色のジュエリーが作れるというのは大きな魅力です。

その一つに挙げられるのが黄色。
今週オンラインショップとインスタにアップした2点をここでもご紹介します。

まずはヴェネチアンガラスのネックレス。
202155115245.jpg

ベースに金箔をあらかじめ巻き取った上に、クリアなガラスを被せて作られたビーズ。
こちらのビーズにはレモンイエローのチップも入れられているので、
奥行のあるガラスをのぞき込むと不思議な世界が見えてきます。

202155115850.jpg
 

イエローのチップと同色の小振りのビーズを間に入れることで、
全体が重たい印象にならずにリズミカルな印象になっています。

2点目はミリアム・ハスケルのセットジュエリー。
こちらはハチミツが固まった時のようなクリーム色のガラスが特徴です。

20215512124.jpg

星形にセットされた小粒のラインストーンとパールビーズの中央に
円形のクリームイエローのビーズがアクセントになっています。
派手過ぎないけれど、ラインストーンやパールの光沢で落ち着いた華やぎを持たせています。

20215512319.jpg

真夏はイヤリングのワンポイント使いもお薦めですし、
秋ぐちになったら、ブローチは少しダークな色合いの服に合わせてもおさまりそうです。

いかがでしょうか?

商品についてはこちらをご覧ください。

20215512529.jpg  2021551263.jpg

薄紅色のハナミズキ

最近サボり気味だった長距離散歩。

今日は久しぶりに丸子橋を渡って田園調布方面へ行ってみました。
 
目的地は せせらぎ公園。
橋を渡ってまっ直ぐに進んでから 坂の上から公園を目指すルートをチョイス。
今はハナミズキの美しい季節ですが、我が家の周辺では 白ばかり。
ピンクの花の写真、よそのお宅の前ですが、そっとシャッターを切らせていただきました。
 
2021411175311.jpg

こちら大田区でも区の街路樹になっていると聞いたことがあります。

青い空に向かって伸びている様子は遠くから見ても美しいです。
 
2021411175643.jpg

 

帰り道でもまた…

 

2021411175933.jpg

 

植物図鑑に載せたらいいようなショットが撮れました。
背の高い木で、人間は下から裏側を見上げるようなことが多いので、
これは奇跡的なショットだと自己満足。
 
ちなみに皆さんご存知とは思いますが、
花に見えているのは、実は苞(ほう)という葉の一種で、
中心にあるめしべのように見えるものが、花序(かじょ)という4mm程の小さな花が集合しているものだそうです。
まあ日常的に 花が開くと表現していますが。
 
202141118041.jpg
 
最近にしては珍しく風も穏やかで 心地よいお散歩日和となりました。
お花としてはピンク色もきれいで大好きですが、
ブローチとして圧倒的に人気があるのはホワイトエナメルやベーシックなメタル色。
こちらもよかったらご覧になって下さい。
 
202141118330.jpg

バレンタインデーに向けて販売されたジュエリー

20212494333.jpg

 

cherub(ケルビム)と呼ばれる翼のある可愛い子どもの姿をした天使やハートを組み合わせたこちらのシリーズは

2月14日の聖バレンタインデーに向けて Joseff of Hollywoodが販売したものです。

「天使」「ハート」といった甘いイメージのモチーフも ジョセフ特有のメタル素材で製作すると

さすがはジョセフ流! ちょっと印象が変わると思いませんか?

ロマンチックなイメージに留まらず、大人の女性が日常使いのジュエリーとして楽しめるアイテムになっています。

 

20212495022.jpg

 

こちらのネックレス。

本にも載っているものですが、以前 ロンドン郊外のアンティークマーケットに行った時に

70代ぐらいのディーラーの女性が 小花プリントの木綿のワンピースに このペンダントをさげていました。

彼女曰く、「私は一年中このペンダントを愛用してるの」とのこと。

決して 装いの邪魔をせず、そしてその人らしさを伝えられるマストアイテムになっているのでしょう。

 

まだ自分用には持っていませんが、いつかは私もそのご婦人のように使ってみたいなと思う一品です。

モチーフの中央のお花の部分のデザインは何種類かありますが、全体の印象は大きく変わりません。

ブローチも2パターンありますので、是非オンラインショップを覗いてみてください。

 

20212495531.jpg

 

ショップはこちらからご覧ください

 

 

秋にお薦めのジュエリー 天使のブローチ

 

見上げる空も秋めいて、すっかり過ごしやすくなりました。

おしゃれ心がくすぐられる秋…

今年はコロナの影響で まだまだ外出自粛という方もいらっしゃるかもしれませんが、

魅力的なヴィンテージのジュエリーを少しずつご紹介していきます。

202091514434.jpg

 

本日は Joseff of Hollywoodの天使のブローチをご紹介します。

翼のはえた子どものような姿の愛らしいcherub(ケルビム)と呼ばれる天使のモチーフはバレンタインデーに向けてJoseffが製作されたシリーズで用いられています。

ハート、天使、矢といった甘いモチーフとJoseffのマットゴールドの組み合わせが独特な印象となっています。

 

20209151475.jpg

 

天使の立体感、台座の透かし細工の繊細さ、揺れるパールのエレガントさ… 手に取ってみるだけでも満足感の得られるブローチです。

 

202091514813.jpg

 

エレガント、カジュアル、自由に装いに取り入れて下さい。お休みの日には 小さな額に飾るのも素敵です。

 

詳細は オンラインショップをご覧ください。

コスチュームジュエリーならではの大粒パールネックレス

2020731165549.jpg

 

明日から8月ですね。
ふつうなら夏らしいリゾート向けのジュエリーをご紹介する時期ですが、
今年は お出かけ気分とはならない日常が続いています。

いつもと少し違った夏…
そんな時には、じっくりと眺めていただきたい当ショップ一推しのジュエリー何点かをご紹介することにしました。

まず最初は ミリアム・ハスケルのー連ルネックレス。
実は この春の自粛要請期間に 意外と反響があったのがミリアム・ハスケルのシンプルなネックレスでした。
そこで 何点か新たに入手しましたが、その中でもスペシャルなのがこちらのチョーカータイプのネックレスです。

 

2020731221450.jpg


大粒パールのネックレスといって思い浮かぶのは?
ココ・シャネル?
ジャクリーヌ・ケネディー?
オードリーヘップバーン?
ヴォーグの編集長?

皆さま それぞれ違うイメージをお持ちかもしれませんが、
共通して言えるのは しっかりとした意思を持った大人の女性であるということ。
数ミリの小粒パールのネックレスは、社交界にデビューしたての若い女性であるのに対し、
優雅に年を重ねて自分の人生を歩いてきた人にふさわしいのが大粒パールのネックレス。

しかもそれはパーティードレスのような特別なシーンで着る服に合わせのではなく、
シンプルで上質な丸首ニットの襟もとに合わせたり、
スーツのインナーに合わせてみる。
不思議なことに ネックレス一本で それまでとまるで違った気分が味わえます。
気に入ったジュエリーを身に着けることは、自己表現の大切な仕上げの部分でもあり、
自分自身の自信にもなるのです。

しかし、本物の真珠で これだけの大きさを揃えるのは大変。
かといって おもちゃみたいなプラスチック製のパールでは 長く使うものとしては不満が残ります。
そこで お薦めしたいのが ハスケルの模造パールのネックレスなのです。

ここでご紹介しているネックレスは チョーカータイプで
パールの大きさは 13~15ミリ。
スペーサーと呼ばれる パールとパールの間を埋めるパーツには ハスケル独特のメタルビーズが2個ずつ入っています。
このスペーサーによって、全体のバランスが美しく保たれ、
遠目で見た時にも 大きな珠同士がくっついて重たい印象に見えることがないのです。
ガラスに 魚鱗などの真珠の様に見える物質をペースト状にしたものを十数回コーティングするという
まるで真珠の生成のような手の込んだプロセスを経て作られたガラスパール。
しかも、こちらの商品は 一粒一粒 光沢が美しく 使用感もほとんどない大変クオリティーの高いものとなっています。
詳細については 商品ページをご覧いただきたいと思いますが、
長年ディーラーをやっていても なかなか出合えない逸品です。



202073122304.jpg

商品ページはこちらです
 

もちろん三連の物や 少し長めの物も美しいのですが、
いつも身に着けるお気に入りには シンプルな一連をお薦めします。

今日は大粒パールのネックレスについてご紹介をしましたが、
細身の方、肩こりのある方などには、少しヘビーに感じるかもしれません。
そういう方には もう一回り小さめの12ミリ前後のもの、あるいは9ミリぐらいのものをお薦めします。

ちなみに下の画像は 外側が今日ご紹介のネックレス。
内側が9ミリのネックレスとなっています。


2020731222653.jpg



【ZOOMで ご来店いただけます】
今年の後半も アンティーク関連のイベントの開催は未定です。
実物をお試しになりたいという方にはご不便をおかけしますが、
ZOOM機能を使ったオンラインによるご来店で、
私が実物を手に取ってご説明することは可能です。
こちらのネックレスに限らず、何か お心に留まるお品がありましたら、
どうぞお気軽に メールにてお問合せ下さい。
お待ちしています。

2020731224543.jpg

 

ページ上部へ