ホーム>ショップオーナーのおしゃべり

ショップオーナーのおしゃべり

服の色と合わせてボリュームのあるネックレスを楽しみましょう

夏が近づいてくるとヴィンテージのガラスやプラスチック素材の多連ネックレスに目が行くようになります。
ボリュームがあって、色が個性的なネックレス、ショップでも見かける機会が増えますが、
そのもの自体のデザインの美しさには目を留めるものの、
実際にどう着けていいのか迷われる方も多いのではないでしょうか?

20217518158.jpg

確かに 長さ、ボリューム、そして着る服の襟の形や襟開きとのバランスなど
ちょっと難しいと思われるかもしれません。
よく 「40cm」「60cm」などと長さ指定で探される方もありますが、
ヴィンテージのコスチュームジュエリーでは このような概念にとらわれてしまうのは
残念ですし、勿体ないと思います。

雑誌の中から見つけた次の4枚の写真を見てみましょう。

まず1枚目は、大きく開いた胸元に4連のネックレス。
服の色とのバランスや 開きとのボリューム感もパーフェクト。
ここまでピタリと決まれば 申し分ありませんが、
もう少し 気軽に着けてみたいいう方にお薦めのコーディネートをご紹介します。

202175181018.jpg

まずは こちらの1枚。
ターコイズの多連ネックレス。
よーく見ると 首元に細いゴールド系のペンダントを着けていて、
服の上にはターコイズの多連ネックレスを無造作に着けているように見えます。

202175181352.jpg

この女性はかなりのお洒落さん。
一見無造作に着けているように見えるターコイズのネックレスですが、
白地にターコイズブルーの刺繍のようなものが施された服と 色を合わせています。
襟元との重なり具合などは、体の動きによって 動いたりずれたりすると思いますが、
色を合わせたということで、このコーディネートはバッチリ決まっています。

襟開きとの長さのバランスや、襟の形との重なりなどを気にせずに
色を合わせるという一点に絞ったコーディネート。
これなら気軽に試すことができそうです。



季節が違いますが、他にも2例ほどお薦めの着け方を見つけました。

こちらはカシュクールのような深いVの開きに二連の大ぶりのネックレスを着けています。

202175182124.jpg

普通ですと、V開きの中にバランスよく収まる長さを考えてしまいがちですが、
ベージュの服にアイボリーというトーン違いの同系色のネックレスということで、
とてもお洒落に収まっていますね。
もちろん 色のコーディネートは 同系色に限らず、
こういったベーシックカラーでしたら、ブラウン系なども素敵です。



もう1枚は 青でまとめたコーディネート。
ネイビーの大きなカラーの上から、長めの二連ネックレス。
ネックレスの色は帽子とお揃いの光沢のあるラピスラズリカラー。
こちらはMax Maraの本から取ったものですが、
ここまで決めたら かっこいいですね。

202175221945.jpg

いかがでしたか?
今回 私が目に留めたお洒落なネックレスの着け方の写真ということで、
どれも服の色と合わせたネックレスという結果になっていますが、
これは一つのヒントだと思います。
色を合わせることで、ボリューム感のあるネックレス単体が目立ち過ぎるということがなくなります。
それを第一歩として うまくいったら、色を遊んでみたらいいですね。

まずはお手持ちのネックレスを取り出して、
長さやボリュームにとらわれない着け方、色とのコーディネートでまとめる着け方を
試して見て下さい。
この夏 復活するネックレスが出てくるかもしれません!

(こちらの記事は HPのレッツエンジョイ<アイテム別の方でもご紹介しています)
 

Costume Jewerlyの本

イベントの合間の数日間。
たまっていた部屋の整理をせっせと進めています。
いつも悩んでしまうのが、ため込んだパンフレットや書類などの紙類。
ジュエリー関係の本も年々増えてきて、洋書なども重いので ついつい入れやすい場所に入れてしまうことが多いので、
意を決して それらの整理をしました。

見出すと ついついそちらの方に引っ張られて、しばし整理は中断。
そんな経験、おありの方も多いのではないでしょうか?

こちらが手に取った一冊。
私がコスチュームジュエリーを専門に扱い始めた頃に入手した本です。


20217321210.jpg

著者である Carole Tanenbaumの素晴らしいジュエリーコレクションが収められていますが、
目次を見ても分かるように、この本は
ヴィクトリア時代に始まり、アール・ヌーボー期、アール・デコ期を経て戦中戦後、50年代と続きます。

202173212724.jpg

この本で述べられているコスチュームジュエリーとは 貴金属や宝石以外の素材を使って作られた物で、
アンティークのジェットやスコティッシュジュエリーなども含まれていますが、
Caroleさんが特に興味を持っているという1950年代、60年代の物は
特に秀逸で、写真もとても美しく思わす見とれてしまいます。

私がYK Collectionを立ち上げた頃、青山のギャラリーを借りて定期的に展示会を開催しましたが、
その時に この本の写真をスキャンして スライドショーにして流していました。

202173212838.jpg


20217321298.jpg


202173212946.jpg


美しい写真の数々、どのピースも今ではなかなか実物にお目にかかれないような
素晴らしい完成度の高い物ばかりです。
当時憧れていたコスチュームジュエリーの世界、
今では状況も厳しくなり、ますますこういったピースの入手が難しくなっていますが、
諦めずに ジュエリ探しを続けていきたいなと改めて思いました。
 

 

トリファリの美しいセットジュエリーが入荷しました!

6月もあと数日となりましたが、今日はトリファリの美しいセットジュエリーのご紹介です。
トリファリのゴールド&パールジュエリーは不動の人気がありますが、
日本ではどちらかというと細かいパールの付いた可憐でロマンチックなイメージの物が人気があるように思います。
おそらく大げさにならずに装いやすいということなんでしょうが、
こちらでご紹介のセットは、王道を行く正統派のクラシックスタイル。
オードリーよりは どちらかというと グレース・ケリーのイメージです。

202162822137.jpg

大き目のパールは 堂々とした気品と他を寄せ付けない美しさを感じさせます。
ネックレスの内側に配置されたパールと、4つのグラデーションパールが飾るイヤリング。
このジュエリーは 大人の女性の装いの強い味方になってくれそうです。

2021628221718.jpg

ネックレスにもイヤリングにも黒地に金の文字で Jewels of Trifariと書かれた紙のタグが付いたまま。
コンディションは新品同様です。

2021628221949.jpg

そして、イヤリングのデザインですが、上の画像を見て下さい。
4つのパールを外側にするか内側にして着けるかによって微妙にお顔回りの雰囲気が変わります。
またこのデザインのイヤリングは、お手持ちのシンプルなパールのネックレスに合わせても素敵!
いろいろなコーディネートの幅が広がるので是非お楽しみください。

2021628222250.jpg

詳細はこちらをご覧ください。

6月イベントのお知らせ

2021519175839.jpg

何だか急に梅雨入りしてしまったような感じですね。
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象区域が増えている中、
ワクチン接種もいよいよ本格化したのでしょうか。
まだまだ安心できない日常ですが、
そのような中、6月もYK Collectionは大きな3つのイベントへの出展が決まりました。

詳しくは
5月・6月のイベントのページをご覧頂きたいと思いますが、
毎年恒例の東急たまプラーザ店POPUPを皮切りに、
今年2月に大好評だった蔦屋代官山ガーデンギャラリーでのヴィンテージ マルシェ
そして定例の伊勢丹立川店のアンティークジュエリーとビンテージ小物展と盛りだくさんです。

たまプラーザ店は単独イベント、
蔦屋は6店舗、伊勢丹立川は7店舗のフェアで、それぞれ趣も違います。

単独イベントも大好きですが、同業者の皆さんとご一緒するフェアも楽しみの一つとなっています。
このような状況なので お近くにお住いの方を中心にご案内することになるかと思いますが、
オンラインショップの方も常時オープンしていますので、
気になるジュエリーがある方は ご質問などどうぞご遠慮なくご連絡下さい。

今回の画像は ジュエリーとは関係ない横浜赤レンガ倉庫。
実は昨日 ドライブスルーde 野菜という企画のために、横浜方面に行った帰りにドライブを兼ねて通った時に車の中から写したものです。
一時 横浜に住んでいた時があり、その頃には 結構訪れていた場所なので、とても懐かしく思いました。
雨曇りの中でしたが、何となく英国風の景色が気に入っています。


 

ジョセフ・オブ・ハリウッドのフラワーモチーフネックレス

5月のイベントスケジュールの見通しが立ちにくい状況となっていますが、
オンラインショップの方では ひと足先にジュエリーを少しずつご紹介しています。

今日はJoseff of Hollywoodのフラワーモチーフのネックレスです。
ハリウッド映画の中のジュエリー製作を手掛け、その後一般の女性のためにも提供してきたジョセフの作品は
大胆で個性的なものが多く、オークションカタログにも数多くのジュエリーが掲載されています。

202159132930.jpg

今日のネックレスは こうしたカタログに載っている商品ではありませんが、
日常の装いを少しグレードアップさせるのに役立つような素敵な一品です。

202159133324.jpg


ジョセフの特徴であるアンティーク風のマットなゴールドに施された細かな細工。
そしてセンターを中心に左右対称に配置された平たい模造パールとラインストーンが
優しさと華やかさを加えています。

202159133513.jpg

着けたときに中央の部分が少し下がるような落ち着きのいいデザインになっています。
詳細については こちらをご覧ください。

美味しいパンを求めて

数年前から美味しい食パンを探してあれこれ歩いていますが、
この度 ついに念願のこれを買いました。

BALMUDAのスチームトースター。


もっと早く欲しかったのですが、置き場所の問題もあり、
今回トースターが壊れたことをきっかけに、ついに入手。

20215713819.jpg

高級食パン、自家製のパン、いろいろ試していきたいと思いますが、
初日は敢えて コンビニのPV商品の食パンで行ってみました。

202157131123.jpg

いかにも美味しそうでしょう?
そう、本当に美味しい。
カリッとサクサク。焼け具合が均等なので、
バターの溶けもよい。
一緒についてきたレシピブックを見て 明日以降も楽しみなランチが続くことでしょう。
 

イエローのジュエリー

コスチュームジュエリーの魅力の一つは 素材にこだわらない自由な色遣いということが挙げられます。
宝石を真似て作った模造パールやラインストーンは欠かせないものとなっていますが、
天然石ではなかなか実現しない色のジュエリーが作れるというのは大きな魅力です。

その一つに挙げられるのが黄色。
今週オンラインショップとインスタにアップした2点をここでもご紹介します。

まずはヴェネチアンガラスのネックレス。
202155115245.jpg

ベースに金箔をあらかじめ巻き取った上に、クリアなガラスを被せて作られたビーズ。
こちらのビーズにはレモンイエローのチップも入れられているので、
奥行のあるガラスをのぞき込むと不思議な世界が見えてきます。

202155115850.jpg
 

イエローのチップと同色の小振りのビーズを間に入れることで、
全体が重たい印象にならずにリズミカルな印象になっています。

2点目はミリアム・ハスケルのセットジュエリー。
こちらはハチミツが固まった時のようなクリーム色のガラスが特徴です。

20215512124.jpg

星形にセットされた小粒のラインストーンとパールビーズの中央に
円形のクリームイエローのビーズがアクセントになっています。
派手過ぎないけれど、ラインストーンやパールの光沢で落ち着いた華やぎを持たせています。

20215512319.jpg

真夏はイヤリングのワンポイント使いもお薦めですし、
秋ぐちになったら、ブローチは少しダークな色合いの服に合わせてもおさまりそうです。

いかがでしょうか?

商品についてはこちらをご覧ください。

20215512529.jpg  2021551263.jpg

新緑の季節を満喫

ステイホームの連休。
昨夜の嵐とはうってかわった晴天。
久しぶりに愛犬の散歩で等々力緑地まで足を延ばしました。
 

 

202155114219.jpg

この数年でこの辺りも大分整備されました。
サッカー場(フロンターレのホーム球場)や野球場も新しくなりました。
今日は お気に入りの緑の森へ。

202155114430.jpg

すがすがしい朝の散歩となりました。

202155114520.jpg

 

ショップオーナーのプライベートブログ 夢見るFifties はこちらです。

日々の生活も心豊かに... 母の日のプレゼント特集

日本列島全体がしーんと静まり返ったような昨年のゴールデンウィーク。
まさか一年後、まだコロナウイルスの封じ込めが出来ずに私たちの生活に大きな影響を与える日々が訪れるとはあまり思いませんでした。
繰り返される感染の波にどこか諦めに似たような気持になっている方もいらっしゃることでしょう。

20215118355.jpg

閉じこもりの生活、外出はマスクをつけてできるだけ手短に。
こんな生活ではお洒落のしがいもありませんが、そんな時こそ 自分の気持ちを高めるためにお気に入りのジュエリーを身に着けてみませんか?
ご自身のためでもいいですし、普段 家族のことを気にかけてくれているお母様へ感謝の気持ちを込めて贈るのにも相応しいヴィンテージのジュエリー。
今年も お薦めのページを設置しましたので、どうぞご覧になって下さい。
特集ページはこちらです。

ご希望の方にはプレゼント用のリボンをかけてお送りします。

【母の日の配達指定をご希望の場合は 5月6日までにご注文ください】

 

 

薄紅色のハナミズキ

最近サボり気味だった長距離散歩。

今日は久しぶりに丸子橋を渡って田園調布方面へ行ってみました。
 
目的地は せせらぎ公園。
橋を渡ってまっ直ぐに進んでから 坂の上から公園を目指すルートをチョイス。
今はハナミズキの美しい季節ですが、我が家の周辺では 白ばかり。
ピンクの花の写真、よそのお宅の前ですが、そっとシャッターを切らせていただきました。
 
2021411175311.jpg

こちら大田区でも区の街路樹になっていると聞いたことがあります。

青い空に向かって伸びている様子は遠くから見ても美しいです。
 
2021411175643.jpg

 

帰り道でもまた…

 

2021411175933.jpg

 

植物図鑑に載せたらいいようなショットが撮れました。
背の高い木で、人間は下から裏側を見上げるようなことが多いので、
これは奇跡的なショットだと自己満足。
 
ちなみに皆さんご存知とは思いますが、
花に見えているのは、実は苞(ほう)という葉の一種で、
中心にあるめしべのように見えるものが、花序(かじょ)という4mm程の小さな花が集合しているものだそうです。
まあ日常的に 花が開くと表現していますが。
 
202141118041.jpg
 
最近にしては珍しく風も穏やかで 心地よいお散歩日和となりました。
お花としてはピンク色もきれいで大好きですが、
ブローチとして圧倒的に人気があるのはホワイトエナメルやベーシックなメタル色。
こちらもよかったらご覧になって下さい。
 
202141118330.jpg
ページ上部へ